ホーム ショッピング ご注文方法 支払方法 訪問販売法に基づく表示 老眼鏡とは お問い合わせ


    クリックリーダー家老眼鏡 クリックリーダー家老眼鏡はニコンソルテスレンズヲ使用。 近用、中間用と距離に応じての眼鏡の掛け換えや遠近両用メガネでの極端な顎を上げ下げしての見方は必要ありません。手元のキーボードからモニター画面まで快適な見え方を実現しました。 おおよそ2メートル以内が全て見えますのでお買い物、調理にその機能を最高に発揮します。 また高齢者の方の室内用メガネとした場合、読書からテレビ、食事までおすすめのメガネです。 クリックリーダー 前ページへ戻る

             SOLTES ニコン  ソルテス






オフィスで、ホームで、快適生活のはじまりです。





ソルテスの特徴

長時間掛け続けても疲れません。
パソコンのキーボードやモニター、資料などデスクワークで必要なもののすべてにピントが合います。特にパソコンも無理のない姿勢で操作できますので、長時間作業しても疲れません。

近くがよく見えます。
累進レンズと違い、近用部を広くとったレンズ設計です。ユレ、ゆがみがほとんどありませんので、すぐに慣れることができます。

「奥行き」があります
単焦点老眼鏡と比べ、奥までピントが合います。そのため、メガネの掛け外しの手間が大幅に省けます。加入度やさまざまな使用目的など、実際にお使いになる方のあらゆる事情に対応できるよう、2タイプの奥行きを用意しています。


トップへ


ソルテスと単焦点老眼鏡との比較







単焦点老眼鏡



ソルテス










単焦老眼鏡は…


単焦点老眼鏡は、近くのものだけを見るためのレンズです。読書や新聞、資料を見るときに掛けて使うことを前提に設計されているため、焦点が合う範囲は極めて狭くなっています。したがってハッキリと見える距離は(ピント)は決まっていて、そこから少しでも目線がズレルと霞んで見えます。


ソルテスは、奥までピントが合います


一方ソルテスは、室内での生活やデスクワークに必要な距離までをカバーするように設計されています。メガネをかけたままでもさまざまな作業ができますので、単焦点老眼鏡を用いているときのような頻繁なメガネの掛け外しが不要になります。見えにくさのイライラ感も解消されます。




トップへ


ソルテスと累進レンズとの比較






累進レンズ







ソルテス







ソルテスは手元が広い。

累進レンズは、約上半分が遠用度数領域となっていて、 近用度数領域は下方に位置します。一方ソルテスは、近用度数領域をメインにし た室内専用設計です。近用部がより近くなり、横方向もワイド。手元を快適に見ることができます。

ソルテスなら、自然な姿勢で見える。

累進レンズに比べて、ソルテスの近用度数はレンズ中心に近い部分に位置しておりますので、 より自然な近方視での視線が得られます。そのため、近方視で頭を後ろに倒す角度も非常に小さく、 自然な姿勢で近用作業を続けることができます。

近くが見やすい理由が近用部の広さだけではない

ソルテスは、近用度数領域がアイポイントのすぐ下にあるため、近用への視線移動が素早 くスムーズにできます。また、遠用度数を設定せずに、近用度数+奥行きといった考え方 で設計されており、累進レンズに見られるようなユレ、ユガミはほどんどありません。

レンズ情報提供 NIKON

お問い合わせ受付中です。
電話:FAX050-8015-4022
携帯090-1017-7049
info@rougancenter.com
店舗運営責任者     横山