ホーム ショッピング ご注文方法 支払方法 訪問販売法に基づく表示 老眼鏡とは お問い合わせ


    家めがね(老眼鏡)
家めがね(老眼鏡)は、お家の中でテレビ、新聞を見ながら過ごされる高齢者の方で老眼鏡
しか使ったことが無い方におすすめのメガネです。
老眼鏡だけの見え方と違い、いちいち老眼鏡を外さないでも手元の読み書きから2〜3メートルまでの距離が
メガネを掛けっぱなしですべて見え、部屋の中ではメガネを外したくなくなるとても便利なメガネ(老眼鏡)です。
●FAXでのご注文は FAX注文専用用紙プリントアウトの上ご利用下さい。
希望度数、フレームカラーはFAX注文専用用紙の[その他通信欄]に記入して下さい。
オーダーメガネはレンズを加工させて頂く関係上、代金引換はご利用出来ません。
家めがね(老眼鏡)セット    使用レンズ/NIKON ソルテス

家めがね(老眼鏡)メガネセットはレンズ特注のためご注文確認メール後土・日・祝日を除く
7日目以降にお届けします。


お問い合わせ。
電話:FAX050-8015-4022
携帯090-1017-7049
info@rougancenter.com

家めがね(老眼鏡)セット
使用レンズ NIKON ソルテス屈折率1.50 ハードコート(反射防止なしを使用)

店頭2枚税込み価格 21000円

製作可能老眼度数
老眼度数−(マイナス)の場合-4.00まで。
乱視−(マイナス)がある場合、乱視を加算して-4.00まで。

老眼度数+(プラス)の場合+6.00まで。
乱視+(プラス)がある場合、乱視を加算して+6.00まで。

お買い物へGo ⇒
男女共通     女性用     紳士用

家めがね(老眼鏡)マルチセット
使用レンズ NIKON ソルテス屈折率 ハードマルチコート(反射防止付きレンズを使用)
店頭2枚税込み価格 29400円


お買い物へGo ⇒
男女共通     女性用     紳士用



●レンズのみ買い物へGo ⇒
お手持ちフレームへレンズのみの交換致します。

お買い物へGo ⇒
ノーマルレンズ      マルチレンズ (反射防止付タイプ)
便利で手元の視野が遠近両用メガネより広い!
店頭販売価格2枚一組21000円 ⇒10290円   [ 税込 ]

マルチレンズ店頭販売価格2枚一組29400円 ⇒15540円   [ 税込 ]

お支払いはレンズメーカー特注のため銀行振り込み、パルル、カードにて の前払いにてお願い致します。
商品の発送はレンズ加工の関係上、一週間前後の納期を頂いております。
●NIKON ソルテス レンズの特徴と設計
普通の老眼鏡では手元の決まった距離はよく見えますが、視線を一寸でも遠くにするとボケ て見えません。鼻メガネにしてメガネをずらして掛けて見る。良い格好とは言えません。ソルテスレンズは手元のパソコン操作から読み書きはもちろん2メートル以内はすべてクリアに見える画期的なレンズです。

ソルテスは、室内での生活やデスクワークに必要なおおよそ2メートル以内のすべての距離をカバーするように設計されています。メガネをかけたままで、手元の読み書きからパソコン、キーボードの操作まで、さまざまな作業ができますので、老眼鏡だけを用いている時の視線のズレによるボケた見え方はありません。頻繁なメガネの掛け外しが不要になりイライラ感や鼻メガネにして遠くを見る事は解消されます。

普段は室内で新聞を読んだりテレビをみたりして過ごされる高齢の方にも非常に便利でお薦めのレンズです。

●お買い物へGo ⇒ 跳ね上げパソコン老眼鏡セット (跳ね上げフレーム使用)

    家めがね(老眼鏡)             

             SOLTES ニコン  ソルテス






オフィスで、ホームで、快適生活のはじまりです。





ソルテスの特徴

長時間掛け続けても疲れません。
パソコンのキーボードやモニター、資料などデスクワークで必要なもののすべてにピントが合います。特にパソコンも無理のない姿勢で操作できますので、長時間作業しても疲れません。

近くがよく見えます。
累進レンズと違い、近用部を広くとったレンズ設計です。ユレ、ゆがみがほとんどありませんので、すぐに慣れることができます。

「奥行き」があります
単焦点老眼鏡と比べ、奥までピントが合います。そのため、メガネの掛け外しの手間が大幅に省けます。加入度やさまざまな使用目的など、実際にお使いになる方のあらゆる事情に対応できるよう、2タイプの奥行きを用意しています。


トップへ


ソルテスと単焦点老眼鏡との比較







単焦点老眼鏡



ソルテス










単焦老眼鏡は…


単焦点老眼鏡は、近くのものだけを見るためのレンズです。読書や新聞、資料を見るときに掛けて使うことを前提に設計されているため、焦点が合う範囲は極めて狭くなっています。


ソルテスは、奥までピントが合います


一方ソルテスは、室内での生活やデスクワークに必要な距離までをカバーするように設計されています。メガネをかけたままでもさまざまな作業ができますので、単焦点老眼鏡を用いているときのような頻繁なメガネの掛け外しが不要になります。




トップへ


ソルテスと累進レンズとの比較






累進レンズ







ソルテス







ソルテスは手元が広い。

累進レンズは、約上半分が遠用度数領域となっていて、 近用度数領域は下方に位置します。一方ソルテスは、近用度数領域をメインにし た室内専用設計です。近用部がより近くなり、横方向もワイド。手元を快適に見ることができます。

ソルテスなら、自然な姿勢で見える。

累進レンズに比べて、ソルテスの近用度数はレンズ中心に近い部分に位置しておりますので、 より自然な近方視での視線が得られます。そのため、近方視で頭を後ろに倒す角度も非常に小さく、 自然な姿勢で近用作業を続けることができます。

近くが見やすい理由が近用部の広さだけではない

ソルテスは、近用度数領域がアイポイントのすぐ下にあるため、近用への視線移動が素早 くスムーズにできます。また、遠用度数を設定せずに、近用度数+奥行きといった考え方 で設計されており、累進レンズに見られるようなユレ、ユガミはほどんどありません。

レンズ情報提供 NIKON