ホーム ご注文方法 支払方法 訪問販売法に基づく表示 老眼鏡とは お問い合わせ



    斜位
メガネ豆知識ホーム



皆さんは眼にも姿勢の善悪があるのをご存知ですか。
眼の姿勢の善し悪しは...(よい人は眼の奥の芯の所も真っ直ぐ向いてる悪い人は眼の奥の芯が
見かけより内向きあるいは外向きにずれている。)専門用語で斜位と言います。
斜位には外斜位・内斜位・上下斜位があります。メガネ店・眼科等では瞳孔距離を測定する場合
表から見える眼と眼の距離をコンピューター検眼器で度数測定時に瞬時に測定しています。
しかしこの瞳孔は表からの光(画像)を取り込んでいるにすぎません。
メガネ店で瞳孔距離測定がされてメガネが作られても、斜位の検査がされていないと
その人の正確な瞳孔距離を掌握していないと言う事になります。

通常はこの瞳孔の真裏にハッキリと画像を捕らえる中心点があるのですが斜位のある人はこの
中心点が瞳孔からズレているのです。(内斜位は内側・外斜位は外側へ・上下斜位は上下へ)
ズレのある人は不自然に見えるため手助けしようと眼筋を使ってレンズの中心へ目線をもって
来て見ようとするのを繰り返しています。
無理をして一つに物を見ようとするため絶えず不自然に見えたり、ひどい場合は頭痛、肩こり
眼精疲労の原因と なる場合があります。
眼の芯が内向き又は外向きにずれている場合は(多少のズレは問題ありません)これを考慮して
メガネを作るのが理想でこのように作らないとフラフラしたりよく見えるけど長時間かけにく
い場合があります。
斜位の場合は斜視と違って外見上は目の向きに
異常は見受けられませんが、疲れてきて本人が夢中である物を見つめていたりボーッと考え事
をしたりしているとススッと片方の眼が外向きあるいは内向きに逃げていることがあります。
そのため斜位の場合、常に眼筋に負担を掛けて使ってズレを少なくして見ています。

斜位には外斜位(外向き)が多く見受けられます外斜位か内斜位か自分でテストする
ことができます、まず新聞等40センチぐらいの距離で文字をジット見つめて視線をパット遠く
に持っていきます。
その時、下記のような症状・・・・・・・・・・

遠くが見やすく近くが見づらい場合が外斜位です。
外斜位は何時も目線が外向きで遠くを見ている時でも眼は両目で楽に見よう
として外向きから目線を平行にもって来ようとして眼筋にグット力を入れて見ています。
そのままでは近くを見るための力(輻輳)を遠くを見ている時に使い切っていますので近くが見づらい症状が出やすくなります。

近くが見やすく遠くが見づらい場合が内斜位です。
内斜位の特徴は 眼の姿勢が絶えず内向きですので近くを見るのは得意ですが遠くを見る場合は内向きの眼の姿勢を平行のもって来ようと絶えず負担を掛けて見ています。そのため視力が落ちやすく弱視になる場合もあります。(遠視系に多く見受けられます。) 矯正方法はズレ部分をプリズムと言う光りを屈折してくれるレンズで調整します。
プリズムレンズは三角プリズムとも言い、基底と言って厚い方に光りの向きを変えてくれます。
1プリズムは1メートルの距離で光りを1センチ移動します。
外向きであれば基底をメガネの中で鼻側にセットして目線を内側に来るように手助けします。
快適に見やすくする為にはプリズム入りメガネがベストです。
(その他に特殊な斜位としてプリズムでの矯正が不可能な廻旋(カイセン)斜位があります。)


*私が日々、経験して感じた事、思った事を記述していますのであくまで参考としていただければ幸いです。
*問い合わせメールアドレス:info@rougancenter.com (横山幸光 著)





お買い得遠近両用メガネセットございます。




アイメイク老眼鏡

片方ずつ交互にレンズを上げ下げできるため、一方を確認しながらアイメイクができるスグレもの。これならアイラインの描き損じもありません。


クリックリーダー
NHKこころたびにて日野正平着用で大人気のクリックリーダー。首からぶら下げ紐付きでメガネを 探す必要がございません。
メガネが身体に付いて来ます。^^老眼、遠視、乱視、近視すべてございます。



視界すっきり パソコン モバイルに対応 ! ブルーライトを43% 紫外線を99%カット
ブルーライトパソコン老眼鏡

パソコン老眼鏡


パソコンのキーボードからモニターまでスムーズに見る事ができ頻繁なメガネの掛け外しが不要になりイライラ感が解消される画期的な老眼鏡です。
見やすさの詳細


               
ポストカード おまかせセレクト 10枚\1,000
                              その他商品

お気軽にお問い合わせ下さい。 当店はSEIKO社様より地域の    お店   として掲載    月刊誌・小冊子   にて紹介されました。